亜鉛の摂取の注意点

健康を維持するために必要なミネラルのひとつである亜鉛。
亜鉛が不足したり、摂りすぎてしまったりしたら、どうなってしまうのでしょうか。

吸収率は
亜鉛の吸収率は、10パーセントから30パーセントと、そんなに高いとは言えませんが、摂取量や、同時に摂取した銅などによっても左右されます。昇圧薬などと一緒に服用すると、亜鉛の吸収率は悪くなると言われているので、注意が必要です。さらに、インスタント食品などの加工食品には、亜鉛の吸収を悪くする添加物が含まれているので、カップラーメンなどばかり食べると亜鉛が不足してしまうことになります。亜鉛の吸収率をあげるには、野菜などの植物性のものよりも、肉や魚などの動物性のものを摂取することが必要です。また、ビタミンCと共に摂取すると、吸収率があがるので、柑橘系のものと一緒に食べるのも有効です。

不足するとどうなる?
亜鉛が不足すると、亜鉛欠乏症になってしまいます。亜鉛は細胞分裂に必要な成分のひとつであるため、細胞の生まれ変わりが活発な箇所で欠乏症がみられることが多いです。その最も代表的な欠乏症として、味覚障害があります。舌細胞は、細胞の生まれ変わりが盛んな部分のひとつで、欠乏症を発症してしまい、味を感じなくなったり、変な味を感じるなどの症状が現れます。その他にも、貧血や免疫機能の低下、下痢、脱毛など様々な症状が現れます。男性の場合は、精子数の減少、女性の場合は、妊娠中であれば胎児の成長不良を引き起こす原因になります。

摂りすぎるとどうなる?
反対に、亜鉛を摂りすぎてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。亜鉛は毒性の低いミネラルのひとつであると言われています。したがって、ちょっと摂りすぎてしまったからといって、心配する必要はありません。しかし、一度に大量に摂りすぎてしまったり、少し摂りすぎの状態を長い期間続けてしまったりすると、亜鉛過剰症を引き起こしてしまいます。その場合、めまいや吐き気、胃障害、神経症などが現れます。また、老化の原因にもなる活性酸素と戦ってくれる抗酸化酵素のはたらきが低下してしまうので、お肌のトラブルを引き起こしてしまいます。