亜鉛を多く含む食品

亜鉛が欠乏したり、過剰になったりしないために、バランスの良い食事を心がけるには、どんな食品に亜鉛が含まれているか知っておくことが必要です。

一日の亜鉛の必要摂取量として、成人男子では10ミリグラム、成人女子では8ミリグラムと言われています。

肉類
牛肉であれば、各部位に亜鉛がたくさん含まれています。加工食品のビーフジャーキーでも、100グラムあたり、8ミリグラム前後の亜鉛が含まれていますが、ビーフジャーキーは塩分が多く含まれているので、摂りすぎると大変なことになってしまいます。

豚の肝臓で100グラムあたり6ミリグラム前後、牛の肩肉で100グラムあたり4ミリグラム前後の亜鉛を摂取することができるので、肉類は非常にたくさん亜鉛が含まれています。

魚類
魚類の中でダントツに亜鉛を多く含むものといえば、カキです。100グラムあたりの含有量は13ミリグラム前後と、亜鉛を含む食品の中でもトップクラスを誇ります。

他に魚類の中で亜鉛の多いものといえば、カラスミで100グラムあたり9ミリグラム前後、煮干しで100グラムあたり7ミリグラム前後、するめで100グラムあたり5ミリグラム前後含まれています。

カラスミやするめはビーフジャーキーと同じように、塩分が多いものなので、食べ過ぎないように注意することが必要です。

乳類
チーズ類にも亜鉛は豊富に含まれています。中でもパルメザンチーズで100グラムあたり7ミリグラム前後、エダムチーズ、チェダーチーズで100グラムあたり4ミリグラム前後の亜鉛が含まれています。

その他
その他にも、亜鉛を豊富に含んだ食品はたくさんあります。ごま、カシューナッツであれば100グラムあたり5ミリグラム前後、味付け海苔は100グラムあたり3ミリグラム前後、卵黄は100グラムあたり4ミリグラム前後の亜鉛が含まれています。

どれかひとつだけをたくさん摂ればいいというものでもないので、たくさんの種類の食品を満遍なく摂取するのは良い方法です。